組み分けテストの結果

子供を父親と同じ学校に入れたいと思い、中学受験を目指して勉強させています。

最初は本人も良く分からず行っていたようですが、「父親と同じ学校」という言葉がモチベーションになって頑張っていました。

小学校5年に上がる前の3月の組分けテストで、下位クラスに落ちてしまいました。マンスリーテストでは毎回成績は悪くなかったのですが、組分けテストの成績が良くなくてビックリしました。

先生にも相談してみると、組分けテストでは出題範囲が広がるので、全体的にできないといけないため成績が落ちる人も少なくないという話でした。

子供は授業をまじめに受け、その時学んだことは覚えていたためマンスリーテストは良かったのですが、それが長く使えるように身についていなかったと言うことが分かりました。

中学受験の問題は、小学校で学んだことすべてが入ってきますので、狭い範囲だけを修得していてもまずいと思い、最近は授業の復習だけでなく、昔やった内容の復習にも力を入れるようにしました。忘れてしまっていることも多かったのですが、少しやると思い出しているようでした。

このことに5年生の内に気付けたことはラッキーでした。5年生で小学校の内容が終わり、6年生からは受験にむけた学習が始まりますので、5年生の間に上位クラスに上がる目標をたてて、親子で奮闘しています。