宿題に四苦八苦

小学生くらいでも将来のことを考えるらしく、私の5年生になる息子は、自分から言い出して名門塾SAPIXに半年前から通うようになりました。

ここは中学受験で相当な実績を誇る塾で、エリートと呼ばれる人たちはここに通い、しかるべき学力を身につけた上で進学しています。ここの特徴は膨大な量の宿題とハイスピードかつハイレベルな授業内容、頻繁に行われるクラス替えです。

このうち息子も音をあげたのが宿題量の多さで、授業でわからないうちに宿題をしなくてはならないと嘆いていました。私はこれがすべて必要なのではなく、取捨選択して必要な内容だけを理解すればいいよと息子に教えてあげました。

中学受験は全国でも有数のハイレベルな学校を目指す子供たちが受けていて、息子もそのプレッシャーに最初はとまどっていました。しかし、SAPIXで自分がどこを理解していないのか、どこが得意なのかを理解することができたので、少しあせりながらも授業についていっています。

親の立場からすると、息子にはそんなに無理をしてほしくはありませんが、がんばっている以上は応援してやりたいです。

息子が理想とする学校は今の学力では少し足りないので、もうしばらく自分に自信が持てる程度にこの塾で鍛えてもらいます。