はじめての夏期講習

小学校5年になって急に中学受験をしたいと息子が言い出しました。たぶん友達の影響だと思うのですが、本人がやる気を出しているのは、良いことなので、SAPIXに通わせてみることにしました。

もともと、勉強をしていなかったこともあり、通いだしてすぐの頃は、ドンドン成績も上がって本人も楽しかったようです。その勢いで夏期講習を受けたいと言うので、夏期講習に通わせることにしました。

夏期講習は、朝9時から12時の間で、集中して詰め込んでいくので初日で結構へばっていました。親としてはこのままついていけなくならないように、午後に、復習の時間を設けるようにして、分からないところがあれば、夜に父親に見てもらうという形をとりました。

友達とも遊びたいということだったので、昼食後は集中できないと考え、お昼後から3時くらいの間は友達と遊ばせて気分転換してから勉強というサイクルを守るようにしました。

おかげさまで、本人も何とかついていくことができ、成績も上がりました。中学受験が現実味を帯びてきて、父親と私立に上がった時のお金のこともまじめに考えるようになってきました。

反省としては、最後に学校の宿題がたまってしまったことです。7月の内に宿題をある程度終わらせておけば、8月は夏期講習にもっと集中できたように思います。夏期講習は6年生もありますので、来年はもっと計画的にやろうと思います。